グリーンシェイパー 副作用

グリーンシェイパーは副作用の心配について

グリーンシェイパーは副作用の心配はない?

 

手軽にダイエットしたいけど、副作用が気になる、という方も多いと思います。

 

グリーンシェイパーは副作用の心配はあるのでしょうか?
そんなに痩せる効果があるのに、飲むのに関して危険なことってあるんでしょうか?

 

とりあえず成分をシェックしてみたいと思います。

 

グリーンシェイパーの成分は、サイトや説明書にも記載されているとおりです。

 

【グリーンシェイパーの成分一覧】
モリンガ末・明日葉末・難消化性デキストリン・有胞子性乳酸菌・ケフィア粉末(乳成分を含む)・キダチアロエ末・セルロース・ステアリン酸カルシウム・微粒酸化ケイ素・ビタミンC・ビタミンE・ナイアシン・パントテン酸Ca・ビタミンB2・ビタミンB1・ビタミンB6・ビタミンA・葉酸・ビタミンD・ビタミンB12

 

これだけの成分が錠剤に凝縮されています。
見ていくと自然由来の成分だけで、指定医薬品は入っていません。

 

カテゴリー的には「食品(栄養補助食品)」に分けられます。

 

そして主成分は、モリンガ末、明日葉、難消化性デキストリンです。

 

この中で、明日葉は青汁の主成分にもなっていますので、むしろ身体によく、一度に大量摂取しない限りは何もないとのことです。

 

モリンガはいろいろな機能がありますが、主に排泄やデトックス、難消化性デキストリンは糖や脂肪の吸収を抑える働きがあります。

 

両方とも規定量を超えて多く摂ると、軟便や下痢、腹痛の原因になります。
ただし、グリーンシェイパーの服用量を守ればまず問題ありませんのでそうそう心配しなくていいみたいです。

 

1日の規定量、1〜2粒はキチンと守ってください。

 

ただし、食物アレルギーを持っている方は成分を確認した上で、医師に相談してください。
また、内蔵などに疾病がある方も同じです。

 

キチンと飲めばキチンと作用してくれるサプリメントですので、正しい飲用をしましょう。
ダイエットサプリはデトックスしますので、正しい飲み方をしていれば痩身効果だけでなく美容効果も期待できます。

 

肌荒れや吹き出物、ニキビなどの防止し、お肌の保湿やハリなどアンチエイジング効果をキープしてくれます。

 

毎日規定量を飲んで健康的にスリムを実感してくださいね。

 

 

>>口コミやメリット・デメリットを見てみる

ホーム RSS購読 サイトマップ